上海にうまいコーヒー広めるぞっ!北外灘珈琲実験室/焙煎/入れ方/コーヒー教室でお悩み解決!中国全土へ珈琲豆を宅配
中国語
Alt-coffee.com SHANGHAI
■■■
上海自家焙煎アルトコーヒー おいしいコーヒー豆を上海から中国全土に宅配
TEL: 021-6393-0053
     189-6475-0053
         コーヒーの焙煎・抽出中は、電話にでられないこともございます
■■■
中国上海市虹口区北外灘呉淞路30号<上海大厦 裏>
 営業時間 10:00 - 18:00 定休日はカレンダーをご確認下さい
自家焙煎珈琲アルトコーヒーはこれからもおいしいコーヒー豆を中国全土へ宅配します!
ホームご注文みんなの声初めてのお客様へコーヒー教室コーヒーの保存方法お店案内お問い合わせカートを見る
> ALT-COFFEE.COM TOP > 上海からKBCラジオパオーン出演20081119-1

KBCラジオの方からご連絡頂き、ラジオでお話することになりました。
このコーナーのテーマは「日本人としてその国で生活して」
お店にかかってきた電話で喋っていたのですごく緊張してます・・・
ちなみに流れている曲は浜田省吾「もうひとつの土曜日」です^^

KBCラジオの続きはこちら



〜質問〜
「上海に暮らすようになったキッカケは?」 
兄がきっかけです


「上海のどちらにお住まいですか?日本で言うとどんなところ?」 
上海虹口区 
日本でというのはちょっとわかりませんが、大学も多いので良い意味で言えば文教地区とも言えるかもしれませんが、中心地に住んでいる友人には上海じゃないと言われます(笑)


「上海でどんなお仕事を?」
自家焙煎の珈琲店をしています


「どうして上海でコーヒーショップを開こうと?」
絶対に上海じゃなきゃ・・・と決めていたわけではありませんが、上海に住むようになって会う人会う人からおいしい珈琲が飲みたいと言われていたことと、いつかは自分のお店が持ちたいと夢があったのでとりあえずやれるところまでやってみようと思いました


「海外で起業。大変だったところは?」
起業に関しては色々な方が協力してくれたこともありそんなに難しいことはありませんでした。
どこでも同じかもしれませんが、始めることよりも継続していくことのほうが何かと大変ですよね


「日本から上海に行ったとき、お店に行くにはどうしたら?」
中国では漢字がわかるので、住所をメモ書きしてタクシーの運転手さんに見せれば来れると思います。
メールなんかで事前に連絡もらえるともっといいんですけどね。。


「上海の人ってどんな人?」
良い意味でも悪い意味でも無駄にパワーが溢れているという感じでしょうか
外に出るときには勢いに飲まれないように気合を入れてます(笑)


「うまいぜ!上海料理」
お住まいの地域ならではの名物料理、お住まいの地域の珍しい料理を教えてください。
今の季節なら上海蟹がオススメですね。10月はメス、11月はオスがおいしいといいます
蟹は体を冷やすので、紹興酒や生姜と一緒に食べるというのが有名ですよ


「野村さんの食卓にはどんなメニューが?」
市場で野菜など買ってきて簡単な炒め物など作ってます


「上海での生活苦労話などありましたら・・・」
最近のことで言えば、先日お店の真上が火事になりまして消火活動での水がドッとお店に入ってきたんです・・・で、その水が引いて、「さー内装工事だ!」と思っていた矢先、大雨で浸水しました・・・上からも下からも色んな水が入ってきて驚きました。


「上海は日本人にとって生活しやすいですか?」
しやすいと思いますよ。外国人街もあって、普通に歩いていても日本語が聞こえてくるぐらいですからね


「初めて上海に行くなら、どんなルートで回ったらいいですか?」 
新天地や豫園、バンドなど有名な場所を攻めてもいいと思いますが、私のオススメは大きな通りから一本二本入った小道ですね。外で頭を洗っていたり、椅子を出して寝ていたり、麻雀していたり、中国人の何気ない生活風景は個人的には好きです。


「野村さんオススメの上海土産は?」 
東台路というアンティーク街があるのですが、そこで毛沢東グッズや怪しいアンティークなどお土産にされても面白いと思いますよ




お問い合わせはこちらから



--------------------------------------------------------------------
上海にうまいコーヒー広めるぞっ!@野村ブログ

■コーヒーを知る/関連書籍


日本最初の喫茶店「可否茶館」の歴史 星田宏司著 いなほ書房 /星雲社
価格1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料




黎明期における日本珈琲店史 星田宏司著 いなほ書房 /星雲社
価格1,200円 (税込 1,260 円) 送料無料




コーヒー文化研究 No.3/価格1,000円 (税込) 送料別
学会誌「コーヒー文化研究」はコーヒー研究者による論文や、総会・集会時に行われた講演内容が収録されています。その内容は学会会員ほか多くの方々から、高い評価をうけています。



珈琲と文化 No.68/価格840円 (税込) 送料別




珈琲の教科書/価格3,000円


動画で学べる珈琲講座/価格9,800円

上海アルトコーヒー日本での珈琲豆販売が少しずつ始まっております♪
お気に入りに追加おいしい珈琲豆をお届け

メルマガ登録
アルトコーヒーの最新情報をいち早くお届けします。下記のフォームにメールアドレスを入力して登録をクリックして下さい

■ コーヒーの保存方法
珈琲豆の保存方法は、冷蔵庫(長期保存なら冷凍庫)をオススメしています。
★粉の場合なら、2〜3週間
★豆のままなら、1〜2ヶ月
注:おいしく飲める期間は焙煎方法や焙煎度合いによっても異なります
珈琲豆の保存瓶はひとつあると便利です
あると便利な珈琲豆保存瓶

■ 豆袋には【焙煎日】を記載
アルトコーヒーでは新鮮な珈琲豆を味わっていただきたいため、製造年月日ではなく【焙煎日】を記載しています。
時間と共にコーヒー豆がどのように変化していくのか味わってください
ひと袋ずつ手書きで焙煎日を記入しています
焙煎されて2、3日後がもっとも味が落ち着いてうまみが感じられる


TEL: 021-6393-0053
     189-6475-0053
→ お問い合わせはこちら


■野村浩哉プロフィール
上海アルトコーヒーの野村です!!
 ・プロフィール
 ・ブログ
 ・約束
 ・FAQ
 ・コーヒー教室

■ コーヒー教室について
通常のコーヒー教室だけではなく、試飲コーヒー教室も随時行っておりますので、興味がある方はお問い合わせください
⇒ お問い合わせ

■ アルト北外灘店ができるまで
アルトコーヒー北外灘店
2005年から始まった内装工事
過去の写真やブログ記事を見ながら内装工事のゴタゴタを紹介・・・

■ 珈琲豆を選ぼう
色が濃い豆は苦味が強く、色が薄い豆は酸味が強くなります
★★★
お好みがわからない方は、
お気軽にご相談くださいませ。
いろいろと相談をしながら、お好みに合う珈琲豆を提案させていただきます。

■ 松屋式ドリップ抽出手順
松屋式ドリップでおいしいコーヒー
蒸らしは3〜5分、ヒタヒタで抽出
透明感のあるコク、高い濃度の珈琲液を作ることができる抽出方法です

■ 珈琲豆の焙煎方法
コーヒー焼き上がり!
焙煎とは焼くこと。
でも単純に焼けばいいというわけではなくて、焙煎方法にもいろいろと秘密があるんです・・・(コロンビアスプレモの焼き方)

■アルトコーヒーまとめ・コラム
自分好みのコーヒー11のヒント
1000名コーヒープレゼント!
古い珈琲豆を煎り直すと味は?
日本でオススメの珈琲店
中国人もコーヒーを・・・
松屋式ドリップ3つ穴カリタ応用
コーヒーは熱いうちに飲む?
コーヒーは冷めるとまずい?
上海のコーヒーはなぜまずいか
水出しコーヒーの作り方
中国の水でコーヒー飲み比べ1
中国の水でコーヒー飲み比べ2
コーヒーは基本が大切
コーヒーと格闘技パンツ
おいしいコーヒーのコツ
コーヒー淹れ方のコツ
アルトコーヒーが目指すもの
コーヒーの焙煎(ロースト)
蘇州でコーヒー教室
珈琲教室の様子
コーヒー酒の作り方
コーヒーへの熱き情熱
コーヒー飲み比べ講習
珈琲講習のまとめ
コーヒーメーカーおいしい入れ方
コーヒーメーカー入れ方のコツ1
コーヒープレスの5つのポイント
デカフェコーヒーのススメ
コーヒーテイスティング用語
中国でもコーヒーが取れる?
死ぬまでには知りたいこと
珈琲豆の表面に出ている油
そうなの?コーヒーの思い込み
コーヒー好きに知ってほしいこと
コーヒー店を開店する条件
珈琲職人の世界を見極める
コーヒーの賞味期限は?New
コーヒー豆産地別味特徴
3ヶ月経ってもおいしい珈琲豆
中国雲南省の珈琲豆
炭焼き珈琲の不思議
ブラジルフレンチBrazilFrench
カフェオレ飲み比べ教室
珈琲はおいしさでは選べない?
最終的な味をイメージするNew
コーヒーってこんなもの?
コーヒーがわからない13の疑問
一番人気「完熟」ブレンドとは
上海で78点のコーヒーNew
高級品=おいしいコーヒー?
コーヒー豆の挽き方とコツNew
コーヒーミルの選び方とコツ
5周年-珈琲一杯半額券
賞味期限と消費期限の違い
ガテマラSHB S18
金属フィルターの油分とコク
セミナーでもおいしいコーヒーを
インペリアルブレンドImperial

ホームご注文みんなの声初めてのお客様へコーヒー教室コーヒーの保存方法お店案内お問い合わせカートを見る

自家焙煎アルトコーヒーは老上海の雰囲気が残る『北外灘』にあります

Copyright (C) 2004-2008 AltneulandCoffee All Right Reserved