アルトコーヒー
Home
Shops
Contact
> ALT-COFFEE.COM TOP > コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階とは?

コーヒー豆の焙煎(ロースト)8段階とは?

コーヒー豆の焙煎(ロースト)

焙煎(ロースト)とは、生豆(なままめ・きまめ)を火で煎る(焼く、煎る)ことを意味しています。
収穫したばかりの生豆は、香りや味がほとんどしません。(農作物の青臭さや穀物っぽい匂いがある)
火で煎ることにより、酸味や甘味、苦味が出るようになります。
焙煎が、コーヒーの味の重要な決め手ともなります。

焙煎がうまくできなければ、中まで火が通らず芯残りのコーヒー豆になってしまったり、
表面だけ焼いて焦げてしまうコーヒー豆、煙臭いコーヒー豆などができてしまいます。



一般的には、浅煎りから深煎りまでを8段階に分けて表示しています。

焙煎の基本8段階
1、ライトロースト(Light roast)
2、シナモンロースト(Cinnamon roast)
3、ミディアムロースト(Medium roast)
4、ハイロースト(High roast)
5、シティロースト(City roast)
6、フルシティロースト(Fullcity roast)
7、フレンチロースト(French roast)
8、イタリアンロースト(Italian roast)


焙煎時間は、ライトローストの方は焙煎時間が短く、
イタリアンローストになっていくにつれて焙煎時間は長くなっていきます。


豆の色変化は、ライトローストの方は色が明るく、
イタリアンローストになるにつれて黒に近づいていきます。


味の傾向は、ライトローストの方は酸味が強く、
イタリアンローストになっていくにつれて苦味が強くなっていきます。





焙煎(ロースト)の基本8段階 簡単な説明

注:焙煎する生豆の種類によって豆の色(茶色の度合い)、味の傾向が変わってきます。


・生豆(なままめ・きまめ)greenbeans
生豆(なままめ・きまめ) greenbeans
香りは青臭く、農作物というのを感じます。
ニュークロップは、青々として水分が多いため焙煎は難しくなります。
オールドクロップは、多少水分が抜けているため比較的焙煎しやすい。
ニュークロップとオールドクロップの間には、パーストクロップもあります。


・ライトロースト(Light roast)
焙煎度合い ライトロースト
最も浅煎り、コク・香不足


・シナモンロースト(Cinnamon roast)
焙煎度合い シナモンロースト
シナモンに近い色
ライトローストは1ハゼ(パチパチという音)が始まる前ぐらい、
シナモンローストは1ハゼ(パチパチという音)の真ん中ぐらい

注:ライトロースト・シナモンロースト共に生豆の青臭さが残っているので、
この焙煎度ではほとんど飲まれることはありません。


・ミディアムロースト(Medium roast)
焙煎度合い ミディアムロースト
浅煎り 酸味が強く、苦味は弱い。アメリカンコーヒー用向き
ミディアムローストは1ハゼ(パチパチという音)が終わったぐらいの焙煎度です
酸味が強くて、苦味はほとんどありません。
焙煎する最初の段階の時に充分な水分抜きを行わないと、渋みが目立ち飲みにくい味わいになります
別名アメリカンローストとも呼ばれています


・ハイロースト(High roast)
焙煎度合い ハイロースト
中浅煎り 酸味はまだ残っていて、やわらかい苦味や甘味も出てきます
ハイローストは1ハゼ(パチパチという音)と2ハゼ(ピチピチという音)の中間ぐらいの焙煎度です
酸味は充分に残っていますがほんのりと苦味も感じられます


・シティロースト(City roast)
焙煎度合い シティロースト
中煎り 日本、北欧で好まれる焙煎度合いです
シティーローストは2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度です
酸味と苦味のバランスがよく、この焙煎度は多くのコーヒー豆に適用できバランスよく飲めます
シティーローストの「シティー」は、ニューヨークシティーからきたらしいですよ


・フルシティロースト(Fullcity roast)
焙煎度合い フルシティロースト
中深煎り イタリア・中南米タイプ
フルシティーローストは2ハゼ(ピチピチという音)のピークあたりの焙煎度です
酸味は少なくなり苦味のほうがよく感じられ、香ばしい香りが出てきます
コーヒー豆の表面に、油が出てきます。


・フレンチロースト(French roast)
焙煎度合い フレンチロースト
深煎り フランス式 イタリア・中南米タイプ
カフェオレやウィンナーコーヒー、エスプレッソ、アイスコーヒーなどに向いています。
フレンチローストは2ハゼ(ピチピチという音)の終わりぐらいの焙煎度です
酸味はほとんどなく苦味が際立ってきます
コーヒー豆の色はほとんど黒に近く(濃いこげ茶色)、表面に油が出てきます


・イタリアンロースト(Italian roast)
焙煎度合い イタリアンロースト
イタリア式 焙煎段階の中では色がもっとも黒に近くなります
苦味が強く、香ばしい香りも強く出てきてアイスコーヒーなどに向いています
イタリアンローストは2ハゼ(ピチピチという音)が完全に終わっています
コーヒー豆の油でテカテカと光っています
ほとんど酸味はなく、濃厚な苦味が際立っています




アルトコーヒーの焙煎データを限定公開


焙煎マニュアル

 

おいしい珈琲豆をお届け


焙煎8段階
ローストレベル
生豆(なままめ・きまめ) greenbeans生豆

焙煎度合い ライトローストライトロースト

焙煎度合い シナモンローストシナモンロースト

焙煎度合い ミディアムローストミディアムロースト

焙煎度合い ハイローストハイロースト

焙煎度合い シティローストシティロースト

焙煎度合い フルシティローストフルシティロースト

焙煎度合い フレンチローストフレンチロースト

焙煎度合い イタリアンローストイタリアンロースト





Copyright (C) AltneulandCoffee All Right Reserved