上海にうまいコーヒー広めるぞっ!北外灘珈琲実験室/焙煎/入れ方/コーヒー教室でお悩み解決!中国全土へ珈琲豆を宅配
中国語
Alt-coffee.com SHANGHAI
■■■
上海自家焙煎アルトコーヒー おいしいコーヒー豆を上海から中国全土に宅配
TEL: 021-6393-0053
     189-6475-0053
         コーヒーの焙煎・抽出中は、電話にでられないこともございます
■■■
中国上海市虹口区北外灘呉淞路30号<上海大厦 裏>
 営業時間 10:00 - 18:00 定休日はカレンダーをご確認下さい
自家焙煎珈琲アルトコーヒーはこれからもおいしいコーヒー豆を中国全土へ宅配します!
ホームご注文みんなの声初めてのお客様へコーヒー教室コーヒーの保存方法お問い合わせカートを見る
> ALT-COFFEE.COM TOP > 上海でコーヒー教室みんなの声

上海でコーヒー教室 みんなの声

■■■
先日は珈琲教室ありがとうございました。途中からの参加でしたが、とても楽しい時間が過ごせました。
お忙しいのにメールまで頂いて恐縮です。

野村さんと話しているうちに、自分にとってコーヒーとは何か、そして、自分が欲している味とは?というのが、
自分の中でだんだんはっきり形になってきたように思います。

でもコーヒーとは奥深いですね~。、豆の種類でも数多いのに、焙煎、挽き方、入れ方の違いで味があれほど違うとは・・・
なんだか行っちゃいけない領域に踏み込んじゃったような感じです(笑)
それこそ私のような素人には一期一会の世界。常に変わらぬ味はプロにお任せというのが今のところの感想です。
でもせっかく野村さんに出会えたので、これからも淹れて飲んで淹れて飲んで淹れて飲んで・・・経験を積んでちょっとでも理想の味に近づけるよう
がんばりますね。
(でも私が個性的な好みとは全く気づきませんでした・・・ということは、お客さん用と自分用を使い分けたほうがいいのかしらん・・・笑)

ぜひぜひこれからもよろしくお願いいたします。
取り急ぎお礼まで。

佐伯智佳子様



■■■
去年の秋頃からひたひたの状態が安定してつくれるようになりました。
味も毎日少しずつ違いますが、振れ幅が小さくなって来たように思います。
今年はいろんな種類の豆に挑戦してみようと思います!

岡本様



■■■
いろいろな楽しいお話、ありがとうございました。
コーヒーが好きなくせに、知らなかったことばかりで、今まで、損をしてきた気分です。
コーヒーって、淹れる人の性格まで味に出るような気がして、奥が深い。
今朝、昨日いただいたガテマラ、淹れましたよ。味の違いに、ちょっと、唖然!!
3つ穴式で、ハンドドリップしましたが、すっきりした味とは、言えない、なにかが、
あれを、雑味というのでしょうか、感じられました。酸味もありましたが、苦味のほうがつよかったなあ。
淹れ方の技術に問題ありなのでしょうが、
それにしても、やっぱり、松屋式、いいかもしれないと、改めて思いました。
松屋式で、ドリップできる器具がほしいです。

古北新区N様

========================
こんにちは。
ご感想頂きありがとうございました!

> コーヒーって、淹れる人の性格まで味に出るような気がして、奥が深い。

そう、コーヒーって性格でます(笑)

きっとケーキも同じでしょうが、
作り手の思いが味に出るのは、
どんなものでも同じかもしれませんよね。

僕はプロやお店があるのは、
その手間をも楽しませてもらえるからこそだと思ってます。

お店に立つ以上、経験は別としても、
プロ意識(おいしいものを提供する意地?)は、
持つ必要があるんだと思いますね^^


> それにしても、やっぱり、松屋式、いいかもしれないと、改めて思いました。

松屋式はいいですよ!
僕がこれまでの経験を踏まえて、
公平に見たとしても、
松屋式はやはり素晴らしいものだと思います。

他の淹れ方では、
まずあの透明感は出ませんからね。。
松屋式には練習をして習得をする価値はありますよ^^


また上海に戻ってきたときには、
いつでもご連絡くださいね!
ありがとうございました。
========================



■■■
ごぶさたしております。貞松です。

コーヒー教室が終わってテストシーズンに突入してしまい、
「後で、後で」と思いながら、こんなに時間が経ってしまいました。
メールを書くのが遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

教室で一番良かったことは、「コーヒーについてぼんやりと知っていること」や
「全く知らなかったこと」について、きちんと整理して教えていただけたことです。
俗説、広告、そして自分の思い込みなどにいろいろ惑わされていたんだなあと思いました。

入れ方も丁寧に教えていただいたので、とても分かりやすかったです。
まあ後は私の練習次第なのでしょうが。。。

でも、教室に行ってから、今まで適当に流していた部分に気づかされ、
はっとしたこともたくさんありました。
もう少し丁寧に作業をするだけでコーヒーの味も変わるんだなあって。
で、時間はかかるんですが、コーヒーを入れること自体が結構楽しくなりました。
これが収穫??かな??

また、お店に遊びに行きます!
これからもよろしくお願いします。

貞松様



■■■
今日はコーヒー講座、第一回、ありがとうございました。知らないことが結構たくさんあって、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

びっくりしたことがいっぱいあった!挽き売り店の流通平均が一ヶ月、とか、真空パックの怪、とか。

コーヒーって、不思議な飲み物ですよね。人生の節目節目で、決定的な、重要な役割を、確実に果たしています。コーヒー縁みたいなものも、振り返ると、なんか、ある。脳裏に焼きついている、コーヒー関連の記事、とか。私の人生では、紅茶や、日本茶、アルコール系ではなしえない仕事を、コーヒーはしているように思 います。

だから、特別な興味もわいてしまうのでしょうねぇ。

そういうわけで、野村さんが、コーヒーにそういう風に関わって生きていってしまうことが、私にはできないし、していないけれど、なんか「わかる」とは違うんだろうけど、伝わってくる気がします。

初めて聞いた話、裏話、いろいろ印象深かったけれど、最後の方で野村さんが力を込めていたように思えたコーヒーの、「液体」としてのあり方、「いっぱい飲んで決まる!」あたりが、ふりかえるととても印象に強く残っています。アルトコーヒーにはいろいろな入り口があるだろうけれど、私はやっぱり、野村さんが入れ てくれるコーヒーのおいしさに感動するからなんでしょうね。

あとは、今日の講座の向こう側に見え隠れしていた「焙煎」についての、野村さんのこだわりも、すごく興味深く思いました。これはきっと「焙煎講座」の内容なんでしょうネ!

次回、入れ方についての、たくさんの実験もとてもとても楽しみにしています〜!

T様



■■■
コーヒーに対する意識変革を起こしつつあるところです。

S様



■■■
メールありがとうございます。

こちらこそ、遠路はるばる、三回もお越しいただき、ありがとうございました。
珈琲教室、大変満足度の高いものでした。三回とも、私が一週間で一番忙しい火曜日の開催だったもので、慌しい参加の仕方だったかと思いますが、今回の機会を、本当に感謝しております。

ご説明は、楽しかったし、分かりやすかったですよ♪

今回は、ほんとに初めて習うことばかりだったので、これから、明日届く器具を使って練習に励みたいと思っています。ゆっくり豆を挽いて、自分で入れて飲む珈琲、ましてそれがおいしいかったら、至福の時を過ごすことが出来ますでしょう。

実はね、うちの主人、ビールの醸造師なんですよ。「味」に、かなり先入観が入ることは、彼の話でも知っているし、これまでいっぱい実験の対象になってきたので、それなりに分かっているつもりです。しかし、先入観が入っても尚、「上手いものは上手い!」世界があることも、ビールの世界で、たくさん味 わってきました。

今回、珈琲の講座を受けながら、とてもビールに共通するものを感じていました。そういう意味でも、笑いながら、笑わせながら、でも、たくさんのことを学ばせていただきました。本当委楽しかったです。しかし、時々、しゃべりすぎ、ふざけすぎで、授業の雰囲気を壊してしまったことをお許しください。。。。わかっち ゃいるけど、やめられないタイプで。

今後の希望はですね、ぜひ、中間訓練会みたいなものを是非。少し「自分の珈琲をいれ」慣れたあたりで、こう軌道修正する機会みたいなものが欲しいですね!是非、お願いします。

近々、北外灘のサンヨーさんに掃除機を直しに行かなければならないので、その時はまた、寄らせていただきます。おいしい珈琲を飲ませてくださいませ。

それでは、また。

上海市 Y様



■■■
先日、珈琲教室に参加した、超初心者のUです。

珈琲教室、とても楽しかったし、勉強になりました。
ありがとうございました。

今まであまり気にせず、我流でコーヒーを入れていましたが、
お湯の温度とか、お湯の注ぎ方とか、
美味しく珈琲を入れる方法を教えていただいたので、
これから、家でも美味しく入れられそうです。
(先日の珈琲教室では上手く入れることができなかったので、
 家で練習したいと思ってます。)

今日、コーヒー豆を注文した際、
アルトコーヒーのHPで、カフェオレ教室もあることを知りました。

カフェオレ教室、興味津々です。
それから私は超初心者だから思うのですが、
私みたいな超初心者向けのコーヒーの味を知るための飲み比べの
珈琲教室があればいいなぁと思います。

また機会があれば、珈琲教室に参加したいと思います。
========================
こんにちは。
お返事遅くなって申し訳ございませんでした!

珈琲教室、喜んで頂けたようで嬉しく思います。
先日の温度を変えての珈琲飲み比べ、
なんとなくでも味の方向性を知ってもらい、
ご家庭で応用してもらえればと思いますよ。

コーヒーのドリップにもコツはありますからね、
そのコーヒーのコツがわかってくると、
ご家庭でもうまいコーヒーが淹れられるようになります^^

前回行ったカフェオレ教室は、
3種類のミルクを持ち込んで頂き行いました。
私もやってびっくり、思っていた以上に面白いので、
上田さんもご興味あればできますよ!
お友達3人以上でできますので、ご相談ください!

あと、飲み比べの教室いいですよね!
単純に2種類程度の飲み比べをして、
楽しんでもらいるような講習ならすぐにでもできますので、
時間を調整してやっていくようにしますね。
提案ありがとうございます!!


また何かご要望がございましたら、
お気軽にご相談くださいませ。
ありがとうございました!
===========================



■■■
野村さん
本当にありがとうございました。
ますますコーヒーが好きになり上海生活の楽しみが1つ増えたことに感謝しております。

教室についての評価は、・・・限りなく100点に近いです。
4人で受講したこともあり、有意義な時間を過ごせた事が一番良かったです。
単純に4倍楽しめ4倍勉強になった気がしました。
そういった意味でも受講人数は、3〜4人が良いと思います。(初心者であれば)

「どのようにすればもっと分かりやすくなるか?」
これは教え方の問題ではなく、受講者に問題が有る気がしました。
受講する前に予習、練習を少し行なってから参加した方がもっと理解が深まると思い
ます。
私の場合は、教育終了してから器具を選択し揃えようとしてたので、良くなかった気がしました。
例えば受講料にポット代を加算し練習してから2日目を臨むとか。。。
説明については、興味深い話もおりまぜて大変良かったですよ。

松屋式について素朴な質問ですが、
抽出時に2カップに分けますが、なぜ美味しくない(違う?)2カップ目を作るのでしょうか?
結局、おいしいコーヒーを抽出するには、通常(ペーパーフィルターなど)の倍の豆量が必要になると言うことでしょうか?

抽出がもう少し上達しましたら、また疑問が出てくるかもしれませんが、今のところは素朴な質問だけです。>



=========================
泉様
こんにちは。
いろいろとしっかりしたご感想を頂き嬉しいです!
たしかに教室はある程度人数がいたほうが、理解はいいですよね。
違うパターンも見られるし、どう違ってくるのかもわかりやすい、
なので最近では4人から多くても6人まででやっていることが多いんですよ。
予習&練習とは、さすが泉さん!
すごいきちんとした勉強になりますよね^^
いやーいつかできたらいいなと思います、ビシバシのコーヒー教室(笑)

さて、松屋式ドリップの質問ですが、

>抽出時に2カップに分けますが、なぜ美味しくない(違う?)2カップ目を作るので
しょうか?

ひとつは松屋式ではブラックで飲むコーヒーと、ミルクを入れて飲むコーヒーを分けます。
基本としては、ブラックの場合は前半のみを使い、
ミルクを入れる場合には後半の液体を使います(後半を混ぜます)、
(細かく言えば、後半の抽出の際に粉を意図的に攪拌させて抽出した液体を使います)
これをすることにより、ミルクが持っているミルク臭さというものを消すことができ、
消すと同時に味の厚みが増し、ふくよかな味になります(って、飲んでみないとわからないと思いますが^^)
もうひとつは焙煎の良し悪しを見るためです。
講習中にもお話していましたが、松屋式がきちんとできるようになれば、
焙煎の良し悪しが判断できるようになります(ひとつの基準としてね)
松屋式がきちんとできるようになった前提でお話すれば、前半後半を抽出した液では、
後半に味が残ってしまうような液体であれば焙煎がうまくできていません。
それというのも、焙煎が適切に行われているものであれば、
良い成分は前半に出てきやすい特性があり、
前半に出し切れていない=焙煎が悪いから出し切れないということがわかるわけです。

>結局、おいしいコーヒーを抽出するには、通常(ペーパーフィルターなど)の倍の豆
量が必要になると言うことでしょうか?

それはひとつ正解ですね。
昔「粗引きネルドリップ」という言葉が流行りましたが、
そのときにも言われていたのが粉は多めに使うということです。
「おいしいコーヒーとはどんなコーヒーのことを指すのか」
「最終的にどんな液体を抽出したいか」にもよりますが、
一般的に使われている「おいしいコーヒー」ということで言えば、
粉の量を多くするのは簡単にできますよね。(もちろんそれだけではないのですが^^)
こんなところで納得頂けるでしょうか。
また新たな質問があればどうぞ♪
ありがとうございました!
========================



■■■
こんにちは〜メールありがとうございます(^^)
金欠病及び暑さで倒れてます!

コーヒー教室、とっても楽しく興味深く体験させていただきました。
全3回はホントにあっという間でした。
2回目は飲みすぎでちょっとキツかったですが(苦笑)

ただ…野村さんがおっしゃったように、その辺の喫茶店のコーヒーは
「高いばっかりで、不満」と思うようになってしまったかも(^^;;;
だってねぇ〜自分が淹れても外で飲むよりず〜っと美味しいんですもの♪
夏休み明けにでも、またコーヒー豆買いに行きますね(^_-)☆

そして、今の企みは…松屋式のポットとドリッパー。
ダンナ殿をそそのかして(笑)買ってもらおうと思ってます(* ̄m ̄)

それでは、また(゜-^*)/~
(浦東I様)
========================
こんにちは!

>そして、今の企みは…松屋式のポットとドリッパー。
>ダンナ殿をそそのかして(笑)買ってもらおうと思ってます(* ̄m ̄)

ぜひ、旦那さんをそそのかしてください!(笑)
旦那さんも一緒にコーヒーの世界に引き込んじゃいましょう^^
松屋式ポットとドリッパーはもっていると便利ですよ。
壊れるものではないので一生ものととして使ってもらえます!
Iさんのようにどんどんコーヒーに興味を持ってくれる方が増えると、
コーヒー業界もレベルアップしていくでしょうね!
今の珈琲専門店で出されている中途半端なコーヒーの味なら、
十分自宅で超えることができますので。(と言えてしまうのも残念ですけど…)
ではではまた!
ありがとうございました。
========================



■■■
コーヒー教室、ありがとうございました。
私のぼんやりしたコーヒー生活が一気に目覚めました。

コーヒー業界の売り方や条件を変えての実験も面白かったですが
私の一番の収穫はコーヒーの味の認識が明確になったことです。
「酸味」や「苦み」と言っても、おいしいものやイヤなもの、いろんな種類や方向があって、
それも豆本来のものか、いれる過程で生じたものか、実際に飲み比べたことで
よく分かりました。

頂いた松屋式セットでいれてますが、もちろんまだ上手にできません。
でも1回目抽出のかおり、独特ですね。
今までのコーヒーメーカーや3つ穴でいれた時に立つ香ばしいようなコーヒーの
かおりと違って、甘いような丸い芳醇なかおりがします。
ちょっとパンチには欠けるけど、贅沢な気分になります。

それではまずはお礼まで。
どうぞこれからもおいしいコーヒーを届けてください。
(N様)

=======================
こんばんは。
全3回の珈琲教室お疲れさまでございました!
良いペースでこなせたので3回もあっという間でしたね。
さて、珈琲教室のご感想ありがとうございました!
とっても具体的に書いてあって、Nさんのコーヒーライフが変化していることが手に取るようにわかります。
自分の中でどんな酸味や苦味が心地よいか、何がイヤな味なのかなんとなくでもわかってくるとコーヒーも一段と面白くなってきますよね。
これからもコーヒーを飲むときには自分がどのように感じているかに意識を持っていくといいですよ、
コーヒーを意識して飲む量、意識して飲む期間がある一定量を超えてくると次のステージが見えてきます(笑)お楽しみに〜!
頭でっかちにコーヒーを飲んでいく必要はありませんが、
ある程度きちんとしたベースが自分の中でできてくると、
コーヒーの楽しみ方も徐々に変化してきます、
そして中にはどんどんマニアックな方向にはまっていく人も出てきたりするわけです…(アルトの専門はそっちですが^^)
Nさんがコーヒーの世界を楽しんでいただけるきっかけになれたのなら嬉しい限りです。
マニアックな世界にはまっていきそうなときには一度は止めますね(一度だけですが、、笑)
ではでは!
ありがとうございます
========================



■■■
こんにちはー。
蒸し暑くなってきて、アイスコーヒーが飲みたくて仕方がありません。
以下、家に戻ってからの感想です。

今回は、3回コースでしたが、
3回目の松屋式、
実際に淹れてみる事ができたり、良さがわかって
楽しかったです。
が、家に戻って、ふつーの三つ穴式でハンドドリップしている時、
これよりも、もっとおいしく淹れられるんだよなーとか、
あんまおいしくないかもと、思ってしまう事がありました。
だからといって、家で松屋式で淹れられるかとゆーと、
淹れられないですし(時間的にムリ)。
なので、3回目の内容は、松屋式の淹れ方の実践や、
良さをお話いただいて、
他に、豆の種類や味なんかについて、教えていただけると
よかったと思いました。

試飲教室も、とっても興味があるので、またお邪魔させて
いただけたらと思います。
(あ、プチデザートも、興味あります 笑)

また、アイスコーヒー用の豆も、近いうちに、注文させて
いただきますね。

ありがとうございましたー!!!
(古北Y様)

========================

ほんとムシ暑くなってきましたよね。
アイスコーヒーを作るのなら、水出しアイスコーヒーはどうですか?
簡単水出しアイスコーヒーを作る方法
http://www.alt-coffee.com/coffee004.html
ここでは深煎りの細挽きをオススメしていますが、
中煎りぐらいの豆でもさわやかなイメージのアイスコーヒーができますよ。
中細挽きや粗挽きの粉でも、透明感のあるアイスコーヒーに仕上がりますので試してみてくださいよ。

> 家に戻って、ふつーの三つ穴式でハンドドリップしている時、
> これよりも、もっとおいしく淹れられるんだよなーとか、
> あんまおいしくないかもと、思ってしまう事がありました。

一応プロは専門の道具を使って、なおかつ日々練習してますからね(笑)
僕でも専門の道具が無ければ、ある程度のレベルのコーヒーしか作ることはできませんよ。
ただ僕が思うところでは、
今横尾さんがいろいろと葛藤されている意識は今後大切になってくると思います。
本当に良いものは葛藤の中からしか見えてこないような気がするんですよね、産みの苦しみとでも言いますか。。
まぁ気長にお付き合いいただけたらいいのではないかと思いますよ。
講習中には横尾さんもおいしいコーヒーを作れていたので、
二回目、三回目のドリップのポイントなどを思い出しながら楽しんでみてください。
またわからないことがあれば、いつでもご質問くださいませ。
豆の種類や味など教えられる講習もいいですね。
今後検討していきたいと思います。
それでは、また。
ありがとうございます。
========================





■■■
先日は、焙煎教室、ありがとうございました。

充実した時間で、焙煎について大きく理解が進んだように思います。
本やNetでは、分からない部分まで感じることが出来たのだろうと、満足しています。

野村さんの無駄の無い話は、初めての私にとっては、すごい情報量となり、今も、情報処理中です^^
焙煎器は、素人にとっては、ちょっと高価ですが、軸の歯車、カバー、排煙ダクト、
温度計の挿入位置、豆の投入から冷却まで、機能性とシンプルさに感心し、興味を持ちました。
良い機械だと思いました。(温度計挿入口は、直りましたか?)

焙煎教室と言うことでしたが、抽出方法と切り離せないと言うことを知り、
松屋式を始めとした抽出技術についても、改めて興味が沸いてきました。
きっと、また、お邪魔すると思いますので、よろしくお願いします。
(野澤 晶様)



■■■
こんばんは。

先日は色々とご指導頂きありがとうございました。
お陰様で気付きの多い充実した一日になりました。
 
コーヒー教室、焙煎教室を1日で駆け足で学ぶことになり、翌日はコーヒーが飲めない身体になっていました。。。
(その翌日からは教えて頂いた松屋式を練習しながら淹れて飲んでいます!)
 
自分としての一番の発見は、フレンチプレスで淹れたコーヒーの美味しさに気付けた事でした。
今まで飲んだ事がなかったのですが、色んな淹れ方で飲み比べが出来るカリキュラムが良かったと思います。
(松屋式が美味しいのは大前提として!)
 
もし可能であれば、サイフォン式等、その他の淹れ方も飲み比べの選択肢に入れてもらえると、
より一層、コーヒー文化への理解が深まり楽しくなるのでは、と思います。
 
それでは、またお店に遊びに伺いますので、色々コーヒーの事を教えてください。
(古川貴弘様)



■■■
松屋式に出会えたことをとても喜んでいます。
おいしいコーヒーの飲み方のレパートリーが増えてほかの人にうんちくがいえます!(笑)

また、実験のようにいろいろな入れ方で味が変わるのを体験できてそれも大変面白かったですね。
家ではなかなかゆっくり味の違いなど見ないのでとてもよかったです。

後は野村さんのこだわりの弁を聞けるのもいいですねー。
コーヒーが好きな人にはたまりませんよ。野村さんがコーヒーが好きだ!ってことがよく伝わってきます。

やっぱりコーヒーはおいしく飲みたいもので、いろいろな気分によって飲み分けたり、
いろいろな豆を試してみたりバラエティーが増えるとその分心が豊かになった気分になりますね。

焙煎教室も面白かったです。
やっぱり焙煎は個人ではなかなkできないってことがわかりました。焙煎はプロに任したほうがいいなと思いました。
ただ、少し豆のいり方を見分けることができるようになったので豆選びにとても参考になったと思います。

焙煎は会社引退後の道楽としてとっておこうかなと思います。
今後はいかに生活の中にコーヒーを取り込んでいくかというところに興味を傾けたいと思います。
もちろん、コーヒーの入れ方知識は同様にレベルを上げたいと思います。

いい音楽とか、いいしゃべりだとか文化としてのコーヒーを楽しみたいと思います。
また、顔を出します。
コーヒー教室プロ篇などがあったら、また教えてください。(矢崎様)

⇒ アルト珈琲教室を終えて プロのための珈琲教室は来年かな。。



■■■
先日はコーヒー教室どうもありがとうございました。
松屋式コーヒーとてもとても美味しかったです。

ホームページは以前、実はリンクさせて頂いていました。
でも多分憶えていらっしゃらないのではと思い告知しなかったんですが、憶えててくださって恐縮です。

ブログの方に日記を書かせて頂いたのですが、もし適切な表現でないところがありましたら(写真に関しても)気になるところがありましたら削除しますのでおっしゃってくださいね。
⇒ banira's diary@北外灘珈琲教室

全3回のコーヒー教室を終えて、とても満足でした。
3つ穴式でのドリップ法を学び、豆の挽き方、お湯の温度、淹れる人によって味が違うことが実際にわかったこと、コーヒーにまつわる貴重なお話を聞けたこと、松屋式コーヒーを頂けて、更に自分で松屋式を体験できたことは私にとって貴重な財産になったと思います。いろんな豆で同じ抽出法で試飲させて頂いて、自分の好みの豆が模索できたことも良かったと思います。

松屋式コーヒーは、野村さんの実験室で飲ませていただけるとおっしゃってましたが、
実際工房へおじゃまするのはお仕事の邪魔になると思うので行けません。
もしもどこかのカフェでこの松屋式コーヒーを飲むことができたらと願いますが難しいでしょうか。

この淹れ方が一番良いと決め付けるのではなく、こういう方法もありますよ、
という野村さんの提案する形でのレッスンは受け入れやすかったです。


上海で一人でご商売をされて、大変なご苦労がたくさんおありかと思いますが、
これからも焙煎したての美味しい珈琲を楽しみにしていますのでどうかお体に気をつけてがんばってくださいね。
それでは
(baniraさま)

⇒ banira's diary@コーヒー教室 紹介していただきました。ありがとうございます!



■■■
こんばんは。昨日はコーヒー教室と試飲会でお世話になりました!
昨日一日でずいぶんコーヒーを消費しました(笑)

3回のコーヒー教室では、無知ながらも(無知だから?)コーヒーについて1からいろいろ知ることができ、
「へぇ〜」ということばかりでしたが、より一層コーヒーに興味が沸いたしだいです。
コーヒー好きのお友達にもさっそく紹介しちゃいました(笑)

買い揃えた道具たちで美味しくコーヒーが煎れられるよう、
そして何よりティータイムを楽しく優雅に過ごせるよう頑張ります!
また復習を兼ね、時々お邪魔させてくださいね。(Sさま)

画像はこちら⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/hicafe/diary/200708210000/



■■■
昨日はありがとうございました。
とっても優雅な一日でしたが、さすがにおなかがちょっと疲れました(苦笑

3回のレッスンではコーヒーのことを理解したというレベルにはとてもなれませんでしたが、
楽しむコツはわかったような気がします。もしステップアップ講座なんてのを開かれる予定があったら、
それぞれのコーヒーの特徴を勉強してみたいなと思いました。

試飲会のときに少し教えていただいたような、
コーヒーの産地ごとの特徴やグレードのことなどを…。

いろんなコーヒーを飲んで、自分の好きな味を見つけられたらなと思います。
その前にちゃんとその豆の味がわかるよう、
上手にいれられるようにならないといけませんけどね。
がんばって練習します。(Wさま)

写真はこちら⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/hicafe/diary/200708210000/



■■■
こんにちは。
昨日はご講義いただきありがとうございました。
珈琲の奥の深さと、珈琲への情熱を感じました

又、お店の空間から小物まですべてにこだわりがあって。。。
本当に素敵なお店ですね。珈琲の味もいっそうおいしく感じたのかもしれません。
で、早速家で復習を兼ねて、心を入れ替えてハンドドリップで淹れてみました。

まず、我が家にあったコーヒーポットは注ぎ口がかなり細めでした。
(松屋式にはいいかもっ!てくらいです)なので、時間がどうしてもかかってしまう。。。

⇒豆を動かしすぎてしまう⇒味の透明感がなくなってしまう。。。
ということ?でも、カフェオレ等にするにはいいのかもしれない?
そして、子供達がうるさく、落ち着いてコーヒーを淹れることが難しい!!

自在に味をコントロールできるようになるまでの道のりはかなり長そうですが(というか無理?)、
工夫しながら、自分のお気に入りのコーヒー目指して、腕を磨きます。
まずは、お礼まで。。。



■■■
昨日は突然私と息子まで参加していただき、ありがとうございました。
珈琲教室、とても楽しくて、2時間があっという間でしたね。

今回感じたのは、あまりにも珈琲の事を知らないな、と。
今後はあんまり考えないでいろんな種類を飲んでみようかな。それも「ストレート珈琲」で。
いろんな豆の味を知って、自分の好みを探すのって楽しそう。

そうする中で自分なりの「こだわり」が出てくるんでしょうね。
また新しい種類の珈琲豆、紹介してください。



■■■
今回のコーヒー教室はとても為になりました。

覚えてない点も多々あり、先生には申し訳ないのですが自分が知らなかった色んな事を知るいい機会でした
全三回というのが少し短い気がして残念でなりません。
興味のある程度別で選べる講座をもっと増やされてはいかがでしょうか?ふと。私の個人意見です。

私は自分がお酒を扱っている仕事なので、飲み物については非常に興味があるのです。
食べ物にもありますが。笑 ですから、もしこれかも時間が取れるようでしたら、
またコーヒーについて勉強したいと思います。



■■■
初めて見るハンドドリップ、本当に感動でした。
今朝、早速購入したハンドドリップセットで入れてみました。

事前にポットやカップを暖めておくのを忘れたり、途中の手順を間違えたり、
教室で教えていただいたようにはできませんでしたが、いつものコーヒーメーカーで入れたのとは、
大違いなコーヒーになりました。ほんとびっくりです。

実は、教室に参加する前、HPや、実際に購入していた友達の話などを聞いて、
野村さんは、すごいマニアックで、初心者の私が質問したら、怒られたりするのかなーと(笑)
ちょっと緊張していたのですが、予想外にフレンドリーにお話をされる方で、
ほんとに安心しました
、ありがとうございます。



■■■
こんにちは(・∀・)ノ先日はとっても楽しい珈琲教室をありがとうございました。
感想・・・・各自がハンドドリップで実際にいれてみてそれを飲み比べるって本当に強かつ楽しかったです。
同じ豆、同じ道具、同じお湯なのに、なぜあそこまで味が違のか!正直びっくりしました。

強いて言えば、2回目のハンドドリップの時は、がらっと違う味の豆にしていただたらっと良かったかな、と思いました。既にあの時点でお腹がぷかぷかで、舌も何がなんだか分からなくなってきていたので、
「あ。さっきとは違う味に出来たな」というインパクトが弱くなってしまったかな、と。

まぁ私の場合は、捨てるがもったいない、とついつい思ってしまいかなり試飲をしてたので、
お腹がたぽたぽ
っていう事もありましたが・・でもそんなところです。非常に楽しかったです。
また教室、ぜひ開催して下さい!焙煎や、この前おっしゃっていた産の違いなどの豆の味の違いなど。。。

あれからおいしくコーヒーいただいてます。また来週あたりに注文させていただきます。
お疲れ様でした。今後とも宜しく&頑張って下さい!



■■■
先日のコーヒー講座、とても楽しかったです。ありがとうございました。

正直、私はあまりコーヒーのことに関して詳しく知らないので、
ほかの参加者の方々が詳しいのに圧倒されてしまいました。

ですが、講座はとても基本的な内容だったので、とても満足しています。
次は、「自分好みの豆を探す」教室があったら、ぜひ参加してみたいです。



■■■
昨日は、ごちそうさまでした。最高においしいコーヒーをいれて下さってありがとう!
念願のすてきな工房も拝見でき、至福な時間を過ごせました。

私、あのあたり、懐かしさもあるし、もともといいなと思ってた地域なので、隠れ家ができたみたいで嬉しいです。
あのレトロなマニアックな空間は、あのエリアだからこそ、余計に似合ってると思います。

今朝、モカフレンチ、ハンドドリップで入れましたが、おいしい〜!
主人も、味の違いがわかったのか、うなってました。あの豆、私とっても気に入りました。

そして。。。コーヒー教室の感想、先日のクラスは、コーヒーの入れ方を初めて本格的に習えて貴重な機会でした。
コーヒー教室なんてある事じたい驚きでした。
毎日飲むコーヒーだから、ちょこっと(いえ、かなりディープでした)こつを教えてもらうだけでも、
あの日以来、作る楽しさは倍増してます。


何がよかったって、野村さんの輝いた目を見れた事です。
イメージどうりの人だったな。
コーヒーをいとおしむ気持ち、そして情熱が伝わってきて感動してました。

あの場に、縁あってご一緒できた人達と、それを一緒に共有できたこと、
感動と至福感を一緒に味わえたことが、最高でした。

今後こんなクラスがあったら。。。。っていう要望あります!
中国茶クラスのように豆の種類別に飲み比べを楽しむクラスな〜んて。
ワインもお茶も、味覚だけでなくなんでもそうだけど、
微妙な違いを味わうって五感が繊細になってきて、研ぎすまされてきますよね。

私は、感じることが大好きなので(一番すきなのは場と人のエネルギーかな?)
そんな会をやっていただけたら、嬉しいです。
コーヒーのコミュニティーなんてあるんだ〜って、 ミクシーでみつけて、
野村さんのブログにとんで、内容読んでるうちに私の直感がぴーんと来たのです。この人にあわなきゃって。

お店にとにかく遊びにいけば会えるって、Yさんに割引券を渡して、誘っていたところ、まさに次の日でした。
コーヒークラスの案内のメールが届き、まじでびっくりでしたよ〜。
まだ1年ちょっとですが、半年ぐらいから、すてきな人との出会いがどんどん増えてきました。

野村さんも、きっとこれから上海で、すてきな出会いをつないでいかれるキーパーソンになると思います。
ちゃんといいスポンサーがみつかり、場を提供するような、すてきなカフェも実現しますよ〜。
野村さんのコーヒーにかける情熱が伝わり、そこからシェアーする喜びに、
多くの人が引きつけられて、愛が広がっていく。そんなイメージです。

みんな求めてるのは、中国でいう快楽、喜嬉ですよね
今後、どんな風に展開していくんでしょうね〜。楽しみです!
今後とも、仲良くしてくださ〜い。では、またふらっとお邪魔しますね〜。



■■■
落ち着いた雰囲気の中で美味しいコーヒーをいただくことができて、
本当に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

持ち帰ったコーヒー(グアテマラSHB)も、美味しくいただいています。
それから、コーヒー教室の写真をありがとうございました。
皆さん(わたしも含めて)、なんて真剣なお顔でしょう!

教室の感想がまだでしたね。先日の教室は基本の基本という感じでした。
長年コーヒーメーカーを使わずに自分でドリップして淹れていますが、また新しい発見がありました
また機会がありましたら、いろいろなコーヒー豆を紹介していただくのも楽しいかと思います。

その前に、野村さんのところのコーヒーを制覇してしまうかもしれませんけれど。。。
野村さんのお店がほどほど離れていてよかったかなとも思っています。
近かったら入り浸ってしまいそうですからねー。

慣れない異国の生活で、家以外にほっこりできる場所があるのはうれしいです。
またお目にかかれるのを楽しみにしています。
グアテマラも美味しいですが、いろいろ試してみたいと思っていますので、またよろしくお願いします。



■■■
先日はすばらしいコーヒー教室をありがとうございました。
野村さんのGOODなキャラクターとおいしいコーヒー(+カメリアのクレープ)があいまって、
時間が経つのもあっという間。

えぇぇ・・もうこんな時間!?まだまだコーヒー入れた〜い!という欲求不満な私・・・(笑)
というわけで、器具も新しいのを買ったし、家で早速実践してみました☆
家にある豆でいれてみたところ、やっぱり、 ダメ ですね・・・・。
コーヒー豆がご臨終していたのか、コーヒー教室でいれたあの感動がなかったです。

最初の20秒で、「コーヒー豆ちゃん、膨らんでねぇ!」ってお願いしてたのに膨らまない・・・。
そして、アク がたくさん。 
期待できないだろうなぁ。と思っていました。

しかし、入れたてを見ると、いつものコーヒーと違う高貴な雰囲気。
もしかして、これはいけるかも!?と期待してしまいました。

一口目。
うんうん。普段と違う口当たり。気持ちが入ったからだろうな。

二口目。
これは、野村さんからはOKサインはもらえないけど、
旦那からは、感動されるかも。。
こんな事を考えながらコーヒー入れに取り組んだわけです。

コーヒー一杯を入れるのに、いろんな感情や感動があったことが、非常に新鮮でした!
コーヒー一杯で気持ちがリセットされました!

野村さんのコーヒーと人に対する情熱が私にも伝わったのかも!ありがとうございます。
これが、野村さんのところのマメで入れたら最高なんでしょうね☆



■■■
先日はお疲れ様でした。

ほっとんど無知のままに行ったので、周りの方々の知識の多さに驚きました。
が、知らなかったことなどが多い分、とても楽しかった&満足いたしました。
ありがとうございました。

実は・・・コーヒーがそこまで得意ではないのです。(嫌いではないです。)
なら、来るな!っと言われるかもしれませんが・・・。。。
ちょっと淹れ方を変えるだけで味が変わるっと言うことも分かったので、
これからは自分が飲めれる淹れ方の修行をいたします。

コーヒーが得意でない割りにはうちには沢山のコーヒーがあるのですが、
結構、古いのもあって・・・お話を聞いてからは飲む気が消えかかってます。
他の用途へ使うことを考えることにします。

また、機会があれば教室に是非参加させていただきたいと思っております。
うちの豆たちの処理が終わったら、コーヒー豆もお店の方で注文させていただきますね☆
ではでは・・・失礼いたします。。。



■■■
4月21日はお邪魔させて頂き有難うございました。

入れ方によってあんなにコーヒーの味が違うなんてすごく驚きです。
コーヒーの事少しはわかったような。。でもまだまだ奥が深いですね。
これからも宜しくお願い致します。

美味しいコーヒー有難うございました。



■■■
こんにちは。ご丁寧にメールを有り難うございました。

先日のコーヒー教室、とても楽しく勉強させて頂きました。
すでに自覚はしていましたが、自分がいかにテキトーにコーヒーを入れていたかも再確認、
今まで気にもしていなかったことなど、色々知ることができました
また「続編教室」でも何か企画して頂けるととても嬉しいです。

さらに、上海に来て間もないので、思いっきり上海初心者の私としては、
自分と同じように上海で生活している奥様方とご一緒できる時間がもてたことも、とてもいい刺激になりました。

一緒に参加したHさんと、近々アルトコーヒーの北外灘店に行きたいと思っていますので、
その際は是非宜しくお願い致します。

またコーヒーを注文させて頂きます。取り急ぎ御礼まで!



■■■
今日は、本当にありがとうございました。
楽しい時間をありがとうございました。

参加されたHさんとTさんもいい人たちで恵まれました。
そして何といっても、松屋式美味しい成分だけの味、驚きです。

あと、淹れたコーヒーが3週間持つ!これも、驚きです。
自分なりにいろいろと淹れてみます。また、お伺いいたします!



みなさんお疲れ様でした!!
これからも楽しめるコーヒー教室を開催していきますね〜♪

まだ参加されてない方や、ご質問などはお気軽にどうぞ!


お問い合わせはこちらから


--------------------------------------------------------------------


珈琲教室についての質問
参加人数と用意するものは?



質問

Q、参加人数によって内容は違ってきますか?
  あと、用意しなくてはならないもの等ありましたら教えてください。



A、アルトコーヒーで行っている珈琲教室は、
  できるだけ受講者の方に実践していただく珈琲教室です。


  同じ豆、同じ道具を使っていても、淹れる人によって、
  どのように味が変わってくるのか、なぜ変わってくるのか、
  飲み比べができたほうがより面白いと思います。


  お二人で参加されるのであれば、
  野村も含め3人で飲み比べができるのでちょうどいいと思いますよ。
  参加人数が多くなればなるほど、飲み比べであったり、やり方であったりなど、
  比較するものが増えるので、それもまたいいかと楽しいですよ。


  珈琲教室の雰囲気は、堅苦しくやっているものではないので、
  講義内容から脱線することも多々あって(笑)質問の内容によっては、
  その場で質問内容の実験を行ったりもします。


  コーヒーは、味の説明を言葉でするよりも、飲んでいただくほうがわかりやすいですからね。
  一緒に飲みながら、ここにはこんな味、後味にはこんな味などがありますね〜なんて説明しています。、
  そういう意味も含め、参加される方が多いほうが、
  自分の中でなんとも思っていなかったような疑問が聞けるので面白いかもしれませんよ。



  さて、用意していただく道具としては、もしご自宅でお使いの道具があれば、ぜひ持ってきてください。
  一応こちらでも珈琲道具一式はありますし、その道具に沿った内容は勉強していきますが、
  現在使われている道具でもっとおいしいコーヒーを淹れられるようになったほうがいいように思います、、新たな出費もいらないし(笑)




  コーヒーの道具は、いろいろな道具がありますが、その道具のどれが一番いいということではなく、
  使う道具によって味が変わるということです。
  それを知った上で、ご自分がどのような味を作りたいのかを考え、
  作るための道具はどれを選べばいいのか、
  この道具ならどのような使い方をしたほうがいいのか、、などなど勉強していきます。

  コーヒーの道具はいろいろあっても、根本にある理論は多くないですから。
  言葉で説明すると難しく聞こえるかもしれませんが、
  3回の中でいろいろな勉強ができればと思っております。


  そんな訳で、、、
  道具があればお持ちください。
  もし自宅にコーヒーの道具があるけど使い方がわからない、壊れているのかわからないなどあれば、
  野村のわかる範囲で説明、もしくはその場で修理もさせて頂きますよ。

  長文になってしまいすいません。
  また何かご質問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。


お問い合わせはこちらから


--------------------------------------------------------------------


コーヒー教室について FAQ



  Q 参加人数は、何人までですか?
  A 多くても6人ぐらいがベストです、、お店が狭いので(汗)


  Q 1人からでも教室はできますか?
  A はい、できます。
    お気軽にご相談ください。


  Q 抽出だけを教えてほしいのですが?
  A 大丈夫です。
    別途ご相談ください。


  Q 時間はどれぐらいですか?
  A 内容によって変わりますが、大体1〜2時間ほどです。


  Q 平日でも大丈夫ですか?
  A 大丈夫です。
    平日、休日どちらも行っています。
    野村と日時を合わせてもらえるのなら、いつでも可能です。


  Q 子供が小さいのですが参加できますか?
  A ぜひ一緒に参加してください。
    出張コーヒー教室も行っておりますので、詳しくはご相談ください。


  Q 焙煎がしたいのですが?
  A 焙煎教室もやっております。
    別途ご相談ください。


  Q 今使っている器具でおいしく淹れる方法を教えてほしいのですが?
  A 大丈夫です。
    お使いの器具をお持ちいただければできますので、別途ご相談ください。


  Q コーヒーの話(ウンチクなど)を聞きたいのですが?
  A いつでもどこでもお話させていただきます(笑)
    教室に参加されてもいいですし、ご来店いただければ。。
    最近は出掛けていることもあるので、できたらご来店前にご連絡頂けると助かります。


  Q 参加人数によって内容は違ってきますか?
    あと、用意しなくてはならないもの等ありましたら教えてください。


  Q コーヒー教室について、質問したいのですが?
  A こちらにご連絡ください⇒ info@alt-coffee.com
    メールでのご質問は、お名前とお電話番号をお書き下さい。
    (↑文章での説明が難しい時もあるため。。)



お問い合わせはこちらから


TOPページへ戻る

お気に入りに追加おいしい珈琲豆をお届け

メルマガ登録
アルトコーヒーの最新情報をいち早くお届けします。下記のフォームにメールアドレスを入力して登録をクリックして下さい

■ コーヒーの保存方法
珈琲豆の保存方法は、冷蔵庫(長期保存なら冷凍庫)をオススメしています。
★粉の場合なら、2〜3週間
★豆のままなら、1〜2ヶ月
注:おいしく飲める期間は焙煎方法や焙煎度合いによっても異なります
珈琲豆の保存瓶はひとつあると便利です
あると便利な珈琲豆保存瓶

■ 豆袋には【焙煎日】を記載
アルトコーヒーでは新鮮な珈琲豆を味わっていただきたいため、製造年月日ではなく【焙煎日】を記載しています。
時間と共にコーヒー豆がどのように変化していくのか味わってください
ひと袋ずつ手書きで焙煎日を記入しています
焙煎されて2、3日後がもっとも味が落ち着いてうまみが感じられる


TEL: 021-6393-0053
     189-6475-0053
→ お問い合わせはこちら


■野村浩哉プロフィール
上海アルトコーヒーの野村です!!
 ・プロフィール
 ・ブログ
 ・約束
 ・FAQ
 ・コーヒー教室

■ コーヒー教室について
通常のコーヒー教室だけではなく、試飲コーヒー教室も随時行っておりますので、興味がある方はお問い合わせください
⇒ お問い合わせ

■ アルト北外灘店ができるまで
アルトコーヒー北外灘店
2005年から始まった内装工事
過去の写真やブログ記事を見ながら内装工事のゴタゴタを紹介・・・

■ 珈琲豆を選ぼう
色が濃い豆は苦味が強く、色が薄い豆は酸味が強くなります
★★★
お好みがわからない方は、
お気軽にご相談くださいませ。
いろいろと相談をしながら、お好みに合う珈琲豆を提案させていただきます。

■ 松屋式ドリップ抽出手順
松屋式ドリップでおいしいコーヒー
蒸らしは3〜5分、ヒタヒタで抽出
透明感のあるコク、高い濃度の珈琲液を作ることができる抽出方法です

■ 珈琲豆の焙煎方法
コーヒー焼き上がり!
焙煎とは焼くこと。
でも単純に焼けばいいというわけではなくて、焙煎方法にもいろいろと秘密があるんです・・・(コロンビアスプレモの焼き方)

自家焙煎アルトコーヒーは老上海の雰囲気が残る『北外灘』にあります

Copyright (C) 2004-2008 AltneulandCoffee All Right Reserved